頼まれもしないのに飲食店オーダーシステムUIの改善案を勝手に作ってみる

先日たまたま訪れた飲食店のオーダーシステムのUIが判り難かったので、頼まれもしないのに勝手に自分なりの改善案を作ってみました。

今アツいプログラミング言語!TypeScriptに迫る!

今とても勢いのあるプログラミング言語TypeScriptについて紹介します。

現役Webデザイナーによる、UXって結局なんなのをスッキリさせる

マーケティングに理解がある現役Webデザイナーによる、UXとは結局何なのかの見解をまとめました。

jQuery × Unsplash Sourceでお手軽スライドショー入門

jQuery アニメーションと画像API「Unsplash Source」を用いて、シンプルなスライドショーの実装方法について解説します。

主にwebデザインをする時に参考にしているサイトまとめ

国内外問わず、Webデザインやサービスロゴをデザインする時に参考にしているギャラリーサイトをまとめました。

仕事や課題の本質を見極める視点を養うには?ユーザビリティを例に考える

何かの問題が生じたとき、その原因や本質を見極めることでユーザビリティが改善され結果として満足度が上がり、仕事の質も向上します。仕事に於ける本質を見極める視点について考察したいと思います。

ノンエンジニアがECプラットフォームShopifyを始めて分かったこと①デザインカスタム編

自分の勉強の意味合いも含めECサービス「Shopify」について主にデザインカスタマイズの面でノンエンジニアがまとめます

React入門 ~その2~

前回の記事で登場したReactについて、基本的なコンポーネントの機能について紹介していきます。

Web制作でお手軽にフォントを扱う方法についてまとめました

Web制作でフォントに関する個人的に良く利用するサイトについてまとめました。いずれも基本無償提供・利用可能です。

紙の本を読まなくなってオーディオブックばかりになった理由

最近、紙の本を読むと、目と手のリソースが奪われるな、という意識に変わってきました。その点、耳のリソースだけを使うオーディオブックの良さの気がつきました。

Web制作で良く使う素材サイトについてまとめました

Web制作にまつわる素材周りで個人的に良く利用するサイトについてまとめたいと思います。いずれも無償提供・利用可能なものです。

参加者全員で議事録を共同編集し始めたら会議の時間が短縮された事

会議の効率を上げる為にデジタルステージで取り組んでみたルールをまとめてみました

軽くてマルチな次世代画像フォーマット「WebP」

従来の画像ファイル形式より軽量かつ、可逆/非可逆圧縮・透過・アニメーションに対応したGoogle製の次世代画像フォーマット「WebP(ウェッピー)」についてのお話です。

リモートワークを始めて5ヶ月めの私に起こった意識の変化

リモートワーク5ヶ月目に突入したwebデザイナーの実話です。メンタルマネジメントやストレスマネジメントの修得の過程で起きた意識や思考の変化についてお話します。

React入門 ~その1

Reactについて、JavaScriptはある程度分かるけどjQueryぐらいしか使ったことないという方へ向けて、まずは触りだけを紹介していきます。

読書録:UIデザイン関連の書籍

WebサービスやスマホアプリなどのUIデザインについて学べる書籍『はじめてのUIデザイン 改訂版』と『【新版】UI GRAPHICS 成功事例と思想から学ぶ、これからのインターフェイスデザインとUX』の読書録です。

CSSのあれ何だっけ?

個人的にCSSでついつい使い方を忘れて毎回調べ直ししがちなものを、備忘録的にまとめてみました

入社からおよそ一年を振り返って

デジタルステージに入社しておよそ一年が経ちました。振り返りと今後の意気込みを記しておきます。

多人数でも独りでも色々使えるオンラインホワイトボードサービス『Miro』

コロナの影響を受け、デジタルステージもリモートワークに日々励んでいます。オンラインで使えるツールは多々ありますが、その中でも重宝している『Miro』をどの様に使っているか紹介します。

デジタルステージのフロントエンド技術選定

デジタルステージのフロントエンド環境はどんなものか、今後どういった技術を使用していこうと思っているかを紹介していきます。

半径200mのIT

デジタルステージ でモノづくりをする中でずっと大切にしてきた「半径200mのIT」について、あいさつがてら書いておこうと思います。

DS CREW INTERVIEW─ デジタルステージの考えるサービスや未来 ─

デジタルステージでこれから一緒に働くメンバーに期待することや、もの作りの原動力について、開発、ユーザーコミュニケーション、デザインそれぞれのチームマネージャーにインタビューしました。